手汗に効くツボ

交感神経の乱れで、手汗や脇汗などといった【局部多汗症】に悩む人が多くいるようです。
中国では、適切なツボを押すことによって多くの病気を予防し治す事が出来ると言われています。
ここでは、手汗抑制に効果的なツボをいくつか紹介したいと思います。

労宮(ろうきゅう)

労宮とは手のひらの中心にあります。大体、手をグーにしたときに中指が当たるところにあります。グーする時はあまり力を入れずに、適度にゆるめた状態で位置を図って下さいね。

緊張は手汗の原因の一つだといわれますが、このツボを押すと、リラックス効果があります。

・押し方

深呼吸をしながら、親指で5秒くらい押して、5秒離すのを3セットをすれば、気持ちを落ち着かせる効果が見られます。

合谷(ごうこく)

合谷は万能のツボと言われています。このツボを押すと風邪予防、視力回復などなど、色々な健康効果があるそうです。なので、多汗症だけではなく、無汗症にも効くんですよ。もちろん、その他の体の異常もね。

場所は、人差し指と親指の骨が合流するところから、やや人差し指よりにあるくぼみにあります。

押し方としては、親指でゆっくり押すといいでしょう。少し痛みを感じるぐらいがちょうどいいです。一日5回ぐらい押してください。

曲池(きょくち)

手のひらを下に向けて肘を曲げると、肘の内側にシワができます。シワの外側の端のところが曲池です。自律神経の乱れを直す効果があります。

親指でゆっくり押すといいです。5回ぐらいがちょうどいいです。

復溜(ふくゆ)

発汗を抑える効果があります。冷え性などにも効きますが、こちらも水分の代謝異常を整えるツボです。場所は、手ではなく、足にあります。内側のくるぶしから指3本分ほど下にあります。
親指で揉むようにマッサージのイメージで押してください。

他にもたくさんのツボがあると思いますが、漢方ではツボ押しは補助的なもので、一番大事なのは、気持ちを整えることです。